“Kyoto Bach Solisten Special Concert 2018 Johann Sebastian Bach “h-Moll Messe” BWV232
京都・バッハ・ゾリステン特別演奏会2018 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ ミサ曲ロ短調 BWV232
〜白鳥の歌〜

開催日時:2018.3.21(水・祝) 開演14:30  (座席指定券引換開始 13:00)[先着順]
開場13:30
■会場:いずみホール [JR大阪環状線「大阪城公園」駅下車徒歩数分]
■入場料:5,000円 [全席当日座席指定/2017.11.1発売]
■出演者:
指揮:福永吉宏
管弦楽:京都・バッハ・ゾリステン
ソプラノ:松田昌恵
冨山みずえ
アルト :福永圭子
テノール:畑 儀文
バス  :成瀬当正
篠部信宏
合唱:京都・バッハ・ゾリステン
京都フィグラールコール

■チケット取扱い:
いずみホールチケットセンター 06-6944-1188(10:00~17:30/日祝休み)※いずみホール内電話回線の緊急工事のため2017年11月21日(火)午前11:00〜午後1:30(予定)不通となります。

JEUGIA 京都三条店3F APEX  075-254-3750(平日11:30~20:00/土日祝10:30~20:30)

■お問い合わせ 京都フィグラールコール 090-1581-4796
kyoto.figural.chor@gmail.com (メール対応は演奏会前々日3/19まで)

※未就学児のご入場はお断り致しております .

※出演者は予告なく変更される場合がございます。ご了承ください。

J.S.バッハの宗教作品の自筆譜は、いつも「Soli Deo Gloria (神のみに栄光あれ)」の署名で締め括られています。この 署名が示すように、バッハは音楽を通じて神に祈りを捧げた 作曲家でした。バッハは様々な音楽様式を取り入れながら、 教会カンタータをはじめとする数多の宗教作品を通じ、自身 が信仰するキリスト教の教義や精神を音楽によって体現し、 伝える試みを続けてきました。その最後の作品である「ミサ 曲ロ短調」には、バッハが触れてきた音楽様式の新と古、そ して生涯を捧げて辿り着いた教会音楽の技法の全てが注ぎ込 まれています。最後にして、もっとも美しく、もっとも精緻 で、もっとも凝縮された祈り--- 「ミサ曲ロ短調」はまさに、バッハの「白鳥の歌」なのです。
福永吉宏(京都・バッハ・ゾリステン主宰/指揮)
裏面OL